春の改編の目玉なのに手抜き丸出しなNHKの午後番組(TVふうーん録)

芸能週刊新潮 2017年4月20日号掲載

 世の中には、他と絶対にカブらないよう奇抜な名前をつける案と、先駆者の知名度から類似した名前でタナボタを狙う案がある。後者は「パクリ」と誹(そし)られるリスクもある。「先駆者がいることを知らなかった」うっかりもあれば、「先駆者に勝つ自信アリ」の傲慢も。NHKは後者だと思ったのが、この春始まった「ごごナマ」である。同時刻にCBC(TBS系)で「ゴゴスマ」があることを知ってのことか。強気だな。

 俳優の船越英一郎と美保純をMCに据え、午後の時間を3部構成にし、すべてが生放送という挑戦。

...

記事全文を読む