山本周五郎を味わい尽くす BSジャパン「武士の魂」

芸能週刊新潮 2017年4月20日号掲載

「椿三十郎」「赤ひげ」「どですかでん」といった黒澤映画、市川崑監督の「どら平太」や三池崇史監督の「SABU〜さぶ〜」、テレビでもNHK大河「樅ノ木は残った」などなど、いずれも原作は山本周五郎である。

 没後50年の今年は、BSジャパンで「山本周五郎時代劇 武士の魂」(火曜夜8時)がスタートした。新潮文庫所収の短篇をドラマ化した一話完結だ。

「山本周五郎原作と聞くと大作や、人情話といったイメージを抱く方も多いと思いますけど、短篇も多く、それがサスペンスだったり、ドンデン返しがあったり、予想がつかないものが多い」

...

記事全文を読む