デイリー新潮

社会

他人事ではなかった介護殺人の恐怖 「橋幸夫」認知症の母との6年間

現在発売中

週刊新潮 2017年6月29日号 
2017/6/22発売

ネット書店で購入する

■他人事ではなかった「介護殺人」の恐怖(1)

 愛している、だからこそ殺す――。超高齢社会の日本では今、こうしたおぞましくも哀しい事件が相次いでいる。介護殺人。家族の面倒を見るのに疲れ果て、あるいは将来を悲観して殺(あや)める。「他人事(ひとごと)」にも思えるが、介護体験を持つ著名人は「身近」に感じているのだった。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年4月6日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事