塩野七生が説く「トランプ」対処法 見事だった“シュワちゃん流”

国際週刊新潮 2017年4月6日号掲載

■塩野七生『ギリシア人の物語II』刊行!「トランプ時代」の日本の針路(2)

『ギリシア人の物語』第2巻を上梓した作家・塩野七生さんが、この「トランプ時代」に我が国がとるべき針路について語る。2回目となる本稿では、EUやNATOなど、近年その存在位置が揺らぎ始めている「国の結びつき」に関する質問に回答をもらった。

 ***

――アテネ率いるデロス同盟とスパルタ率いるペロポネソス同盟は、20世紀の冷戦構造下の北大西洋条約機構(NATO)とワルシャワ条約機構(WTO)を思わせます。トランプはNATOだけではなく北米自由貿易協定(NAFTA。

...

記事全文を読む