韓国次期大統領は“福島瑞穂の男版” 竹島再上陸で日韓関係壊滅?

韓国・北朝鮮週刊新潮 2017年2月16日梅見月増大号掲載

 2月1日の記者会見で、突如次期大統領選からの撤退を宣言した潘基文(パンギムン)氏(72)。代わって現在、次期大統領レースの先頭を走り、

「彼に勝てる候補は与野党ともに見当たらない」(「コリア・レポート」の辺真一編集長)

 と、独走状態に入っているのが、最大野党「共に民主党」前代表の文在寅(ムンジェイン)氏(64)である。

■北朝鮮の「内通者」

 日本にとっても、どうやら安穏と高みの見物を決め込んではいられそうもない。というのも、文氏が筋金入りの左派政治家だからである。

...

記事全文を読む