毒カレー「林真須美」が無罪に? 京大教授が鑑定に異論

社会週刊新潮 2017年2月16日梅見月増大号掲載

 メディアを席巻した毒婦は今、大阪拘置所で“ある決定”を待っている。1998年7月、夏祭りで振舞われたカレーにヒ素が混入、67人の死傷者を出した「和歌山毒カレー事件」。死刑判決が確定している林真須美(55)は再審請求中で、結果如何では“地獄からの生還”もあり得るのだが――。

 ***

...

記事全文を読む