WBC欠場の大谷翔平、自滅の理由は「足首の爆弾」と「キックボクシング」

野球週刊新潮 2017年2月16日梅見月増大号掲載

 誰もが認める“球界の至宝”大谷翔平(22)に対し、容赦なく「喝!」を入れ続けてきた野球評論家の張本勲氏は、今回の一件に慨嘆しきりである。

「“いつか必ずケガをする”と前々から言ってきたんですよ! 僕もかつては日本ハムの選手だったから、大谷のことは後輩のように思っている。それだけに今回のケガは本当に心配です。このままでは選手生命が絶たれるような結果すら招きかねません」

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕を1カ月後に控えたタイミングでの「ドタキャン」騒動。

...

記事全文を読む