吉田沙保里が怪演、NHKドラマ“ブシメシ”

芸能週刊新潮 2017年1月26日号掲載

“おっさん! そのしゃもなべ、譲っておくれよ”

 町娘のセリフ回しこそたどたどしいが、振り袖の下には霊長類最強の肉体が秘められていた――。

 1月10日にスタートしたプレミアムよるドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」(NHK BSプレミアム)の主演は瀬戸康史演じる、参勤交代で江戸に“単身赴任”した伴四郎なのだが、初回に目を奪われたのは“お里”こと女子レスリングの吉田沙保里(34)だった。

 江戸市中のしゃもなべ屋でことは起こる。好物のしゃもなべがちょうど売り切れたと聞いたお里さん、最後のオーダーをした町人に、まだ口をつけていないのだから誰のものでもない、自分によこせと詰め寄るのだ。

...

記事全文を読む