森田剛が気もそぞろ…宮沢りえ“元カレ”との共演

芸能週刊新潮 2017年1月19日号掲載

 偽りの愛さえも本物の愛にすり替えてしまうようなこの世界では……(『つかこうへい正伝 1968-1982』新潮社)。舞台裏における役者たちの魂の交錯を描いた名作「蒲田行進曲」でのモノローグ。虚実皮膜のあわいを漂う演劇の世界を的確に言い当てた言葉だ。本誌(「週刊新潮」)が只ならぬ仲を報じた宮沢りえ(43)と森田剛(37)の出会いも舞台だったが、彼女が“元カレ”と共演することになって、森田は気もそぞろだという。

...

記事全文を読む