講談社エリート編集者逮捕 動機は

社会週刊新潮 2017年1月19日号掲載

 壁に守られた狭い世界で生きながらえる人類と、壁外を制する巨人との戦いが描かれた漫画「進撃の巨人」。その大ヒット作の生みの親である敏腕編集者が、1月10日、殺人容疑で逮捕された。エリートの夫は、なぜ、妻を殺害し、コンクリート塀に囲まれた壁の中へ、身を落とすハメになったのか――。

 事件は、昨年8月9日未明、東京都文京区にある一軒の住宅から119番通報が入ったことに始まる。電話は、今回逮捕された、この家に住む朴鐘顕(41)からのものだった。

...

記事全文を読む