日教組“不倫豪遊”委員長、辞任後初コメント 組織の腐敗進む

社会週刊新潮 2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号掲載

 組合費で飲んで、遊んで、不倫して、わが世の春を謳歌したのも束の間、撮られて、転んで、日教組の委員長職を追われた岡本泰良(やすなが)氏(56)。全国の“聖職者”を束ねるこの組織もやっと正常化したか、と思いたいが、さらに腐敗が進んだというので、トホホ……。

 ***

 岡本氏の辞表が受理されたのは11月29日。本誌(「週刊新潮」)が10月20日号で、岡本氏のダブル不倫のほか、組合費を使ったクラブなどでの豪遊について報じてから、辞任まで1カ月半もかかったので、岡本という男は地位に恋々として醜い、との評価が定着した。

...

記事全文を読む