昭和天皇の「すい臓がん」を報じた朝日新聞 当時の宮内庁担当記者が語る

社会週刊新潮 2015年8月25日号別冊「黄金の昭和」探訪掲載

■「昭和天皇」玉体にメスが入った最後の474日(3)

 昭和62年9月、史上初の玉体にメスが入った手術によって、昭和天皇の「がん」が判明する。だが、その告知を巡り、医師たちの意見は対立。病理検査を担当した東大医学部病理学研究室の浦野順文教授は公表を主張するも、侍医団は隠し続ける方針を貫き、世間に公表された病状は「慢性膵炎」だった。自身もまた肝臓がんに蝕まれていた浦野教授は、手掛けた「仕事」の行方を見届けることなく、63年1月に世を去った。

...

記事全文を読む