「森喜朗元総理」に勝てない「小池百合子都知事」の貧弱ブレーン 五輪会場見直し巡り

政治週刊新潮 2016年12月15日号掲載

 東京五輪の競技会場見直し問題をめぐり、小池百合子都知事(64)と五輪組織委員会委員長の森喜朗元総理(79)との間で繰り広げられたバトル。

 既存の施設の利用を目玉にした“小池案”では、ボート・カヌー会場は「宮城県長沼ボート場」、競泳などの会場を「辰巳国際水泳場」、そしてバレーは「横浜アリーナ」を改修して使用するというものだったが、前の2つは×。バレー会場の結論は12月下旬まで先送りとなったものの、

「受け入れ先の横浜市が難色を示す文書を提出しており、実現は難しい情勢です」(都政担当記者)。

...

記事全文を読む