日銀・黒田総裁、“年2%”先送りの「敗北宣言」 シナリオはなぜ崩れたのか

ビジネス週刊新潮 2016年11月17日号掲載

 デイヴィッド・ハルバースタムの『ベスト&ブライテスト』は、米国の指導者たちが、いかにしてベトナム戦争の泥沼に引きずり込まれたかを描いた名著だ。聡明なはずの人々が、判断を誤り、一国を窮地に陥れることもあるのだとすれば、黒田東彦・日銀総裁(72)の金融政策は後世にどう評価されるのだろうか。

 金融の世界において「本石(ほんごく)町」といえば、東京・日本橋本石町にそびえ立つ日本銀行本店のことを指す。わが国の金融政策を決める「金融政策決定会合」は、年8回、その新館8階にある政策委員会室で開かれる。

...

記事全文を読む