5歳児死亡…神宮イベント火災の補償問題 学生の責任は5割か

社会週刊新潮 2016年11月17日号掲載

 誰にでも判りそうなものだが、大学では一体、何を学んでいたのだろうか。

 明治神宮外苑で行われていたデザインの国内最大イベント、「東京デザインウィーク2016」の会場で、突然、火の手が上がったのは、6日夕刻のことだった。

 社会部記者が言う。

「イベントは国内外の企業、学校などが参加し、アートやファッションなどの作品を展示していました。そのうちの木製オブジェが燃え上がり、内部で遊んでいた5歳の男児が死亡し、助けようとした父親と男性が火傷を負ったのです」

...

記事全文を読む