滝沢秀明、ディナーショー解禁のワケとは 1人4万円で5公演

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 SMAP解散に悲しむジャニーズファンには、久しぶりの朗報に違いない。人気男性デュオ「タッキー&翼」の“タッキー”こと滝沢秀明(34)が、初めてディナーショーを開くという。だが、今年から解禁されるのには何か意味があるのか。

 ***

滝沢秀明が初めてディナーショーを開くという

 タッキーがファンに初のディナーショー開催を明かしたのは10月22日、パーソナリティーを務めるラジオ番組「タッキーの滝沢電波城」でのことだった。そこでタッキー本人は、意気込みをこう語っている。

「ドキドキしています。舞台やライブとは違う雰囲気でしょ。新しい滝沢秀明というものを見せられる時間にしたいなと思います」

 ディナーショーは12月22日の帝国ホテル大阪を皮切りに26日までの4日間、大阪と東京の計5公演で、料金は1人4万円。ちなみに、昨年のディナーショーで料金4万円以上は5万1500円の五木ひろし、4万9500円の松田聖子、そして4万6300円の谷村新司など錚々たる顔ぶれだった。芸能記者によれば、

「ジャニーズで、毎年ディナーショーを開くのは近藤真彦くらい。ですが、昨年、芸能生活35周年を迎えたマッチは10月中旬からファンにメールで、“燃えつきてしまい より良いものを皆様にお届けするには もう少し時間をかけたい”と、今年のディナーショー休止を伝えていました」

 1985年に始まったマッチのディナーショーは、昼と夜の2回。“マッチとおやつ”と称する昼の部は親子限定で3万円。夜はフルコースの料理付きで5万円だが、いずれも即日完売の大人気だった。

■タッキーなら完売

 実は、タッキーのディナーショーは、昨年までマッチが開催していたホテルと同じ会場なのだ。

「マッチは年初から“今年は、音楽活動を控えたい”と漏らしていました。ディナーショーを開くか否かの態度は明確にしていなかったが、事務所へ“やりたくない”と伝えたのが9月末。このままではキャンセル料が発生してしまうので、ディナーショーに関心のあったタッキーが“代役”になったわけです」(先の記者)

 だが、そんな重責が、嵐でも関ジャニ∞でもない理由は、

「タッキーは、幅広い層のファンから支持されています。それで彼に白羽の矢が立ったのでしょう」

 こう指摘するのは、大手芸能事務所の幹部だ。

「嵐や関ジャニ∞などのコアなファンは、10代から20代前半の女性が中心。ですが、彼女たちの財布に4、5万円は重すぎる。タッキーは、毎年『滝沢歌舞伎』を公演している関係で、経済的にも、時間的にも余裕がある40代、50代のファンは少なくない。それで事務所も、タッキーなら完売できるとソロバンを弾いたのだと思います」

 事務所のみならず、主催者もタッキーのディナーショー解禁を喜んでいるという。ホテル関係者がいうには、

「近藤さんも悪くはありませんが、お客様が高齢化している。滝沢さんが代わりを務めることで、客層の若返りに繋がる可能性が高い。是非、滝沢さんにも毎年開催して欲しいですね」

 また、芸能評論家の肥留間正明氏は、

「事務所内で、彼の地位が上がるのは間違いありません。ジャニーさんやメリーさん、ジュリーさんがお気に入りのマッチ、ヒガシ、キムタク、長瀬というラインに乗り、ジュリー体制への移行後も“ソロ五奉行”の1人として重用されるはずです」

 ディナーショー解禁は、ジャニーズにもタッキーにも大きな意味があったのだ。

特大ワイド「ふりむけば百鬼夜行」より

週刊新潮 2016年11月10日神帰月増大号掲載