電通・博報堂の「大人数で来るバカ」「本当は自分では何もできない横流しバカ」

社会週刊新潮 2016年11月10日神帰月増大号掲載

■私が見てきた「電通と博報堂」バカざんまい(2)

 中川淳一郎氏の新著『バカざんまい』(新潮新書)の発売にちなみ、氏が20年に亘って見つめてきた広告業界の“バカざんまい”なエピソードをご紹介する。五輪エンブレム問題や過重労働で注目を集めた、電通・博報堂の知られざる“バカ”な実態とは。

 ***

 では、「広告業界バカざんまい」を4つ紹介しましょう。

【大人数で来るバカ】

 大人数の会議については前述したとおりですが、社外で何かする時も同様で、大挙押し寄せます。

...

記事全文を読む