急逝の平幹二朗、長男・岳大が明かしていた父との交流

芸能週刊新潮 2016年11月3日号掲載

 俳優の平幹二朗さんが10月23日、突然世を去った。9月から10月9日までは舞台「クレシダ」に主演し、17日より放送が始まったドラマ「カインとアベル」(フジ系)にも出演中だった。

 一人暮らしの平さんが浴槽で眠っているのを見つけたのが長男で俳優の平岳大(42)だった。弊誌(「週刊新潮」)(9月29日号)「私の週間食卓日記」では、父との交流にも触れていた。

〈行きつけの蕎麦屋で17時半に待ち合わせ。老人の夕食は早い。(中略)金時草(きんじそう)のお浸しを食べながら、新婚生活はどうだとにやけた父が聞く。

...

記事全文を読む