デイリー新潮

社会

「罪もない中国の人民にたいして……」薨去された三笠宮殿下の“斬新なお言葉”

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 明治以降の皇族方では最長老の「大(おお)殿下」こと三笠宮崇仁親王殿下が、10月27日に心不全のため100歳で亡くなられた。戦後、軍人から学者へと転じた昭和天皇の末弟は、まさに激動の一世紀と向き合われてきたのだが、そこで思い出されるのは、皇族らしからぬ「斬新なお言葉」……。

 ***

 数年前から心臓の弁に異常がみられた三笠宮さまは、2012年6月、長男の寛仁親王の葬儀に参列された翌日に体調を崩して入院。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月3日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事