「股のぞき」にも劣らない!イグ・ノーベル賞受賞の英デザイナーによる爆笑プロジェクトとは?

国際 2016年9月23日掲載

 東山篤規氏(立命館大教授)と足立浩平氏(大阪大教授)による「股のぞき効果」が受賞し、今年も注目されているイグ・ノーベル賞。毎年笑わせてくれる研究への授与で楽しませてくれるが、日本人研究者による受賞はなんと10年連続だという。斜め上な日本人のユーモア感覚が世界に通用することを証明しているが、イギリス人も負けていない。今年の生物学賞を受賞したトーマス・トウェイツ氏の研究は、「人間をお休みしてヤギになってみる」というものだ。

...

記事全文を読む