史上最年少のプロ棋士・藤井聡太 学校の授業は5分で理解

エンタメ週刊新潮 2016年9月15日号掲載

 いやはや、恐ろしい中学生が出て来たものである。史上最年少でプロ棋士になる藤井聡太三段(10月に四段昇格)は、凡百の我等とどこが違うのか。10年に1人と言われる天才棋士の「双葉」の頃からのエピソード。

 ***

「相手が大人だろうが負けるとすぐ泣くんです。あんまり泣くもんだから“のべつまくなしに泣いてどうするんだ!”と叱ったことがある。よっぽど負けず嫌いなんでしょう」

 そう振り返るのは、藤井君が通っていた名古屋市にある将棋教室の中山則男氏(指導棋士六段)である。

...

記事全文を読む