結婚相手をコンピューターが決定する未来――その“正解”は 人工知能の専門学者座談会(2)

IT・科学週刊新潮 2016年8月25日秋風月増大号掲載

 科学ジャーナリストの緑慎也氏を進行役にお送りする、人工知能の専門家たちによる座談会。今年3月にトップ棋士に勝利したことで「アルファ碁」が話題になったが、今後は様々な能力を備えた“汎用人工知能”が登場するという。さらに2045年までには、人工知能が人間より賢くなる「技術的特異点(シンギュラリティ)」を迎えるとの予測も。こうした状況に日本はどう対応しているのか、またどのような社会が到来するのだろうか。

 ***

【松田卓也/神戸大学名誉教授(宇宙物理学)】 ところで、汎用人工知能にもいろんなレベルがあって、電気通信大学の栗原聡教授は3種類挙げています。

...

記事全文を読む