芸能界のドンが潰した「夏目三久」報道 交際・妊娠の真相は

エンタメ 週刊新潮 2016年9月8日号掲載

  • ブックマーク

 所属タレント・夏目三久(32)と有吉弘行(42)との交際がすっぱ抜かれたものの、これをひねり潰す。その震源地は、他ならぬ田辺エージェンシーの田邊昭知社長(77)だった。

 ***

 8月24日午前3時ごろ、日刊スポーツのホームページに、こんな見出しが躍った。

〈夏目三久アナと有吉熱愛! すでに妊娠 番組きっかけ〉

 同紙1面トップでもそれが報じられ、他紙を出し抜く内容である。

 所属タレントのなかでことに寵愛する夏目三久の、本来ならば慶事であるにも拘らず、田邊昭知社長は怒りを抑えきれないでいた。

「『ミヤネ屋』に日刊スポーツのデスクを登場させている日テレのみならず、各局の担当者に対し、“日刊の記事には1秒も触れるな”と厳命しました。結果、情報番組は強姦致傷の容疑で前日に逮捕された2世俳優のことばかりで、夏目と有吉の熱愛はなかったことにされたんです」

 とは民放幹部。要するに、交際報道は社長にとって意に沿わないものだったわけだが、

「これほどの情報統制はジャニーズ事務所でもできない。でも、田邊さんはそれを易々とやってのけた。日刊は翌日も続報を掲載しましたが、その他のスポーツ紙は単に、『事実無根』『事務所が否定』としか書かなかった。『目黒』の力を存分に見せつけた形ですね」(同)

 あるいは書けなかったのかもしれないが、目黒とは、この地に本拠を置く田辺エージェンシーのことだ。

次ページ:“有吉さんと結婚して…”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]