「尖閣諸島を手放せ」という人が知らない現代中国の「侵略の歴史」

中国 2016年9月2日掲載

■「尖閣は要らない」と言った元参議院議員

 尖閣諸島周辺や南シナ海での乱暴狼藉を見て、日本国内において中国への危機感を強める人が増えているが、一方で、不思議なほど中国への警戒心がない人もいる。8月29日に放送された『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系)では、元参議院議員の田嶋陽子氏が「尖閣諸島は一度手放して中国に渡すべき」という大胆な持論を述べた。

 この発言に対して放送直後からネットでは議論が沸き起こったが、こうした意見は田嶋氏の専売特許ではない。

...

記事全文を読む