リオ“夜のオリンピック”事情 30分1200円の五輪特別割引も

国際週刊新潮 2016年8月25日秋風月増大号掲載

 激しく躍動する肉体、迸(ほとばし)る汗――。身体の限界に挑戦するのは、なにも競技場にいるアスリートだけではない。灼熱の陽が沈んだリオでは、街路に立つ数多の娼婦たちが主役となっていた。いくらテレビのチャンネルを変えても決して実況されることがなかった、夜のオリンピックの熱戦をお伝えしよう。

 ***

 ここに1枚のビラがある。平和を象徴する五輪のシンボルマークの下には、〈オリンピックの選手たち!ミモサ村へようこそ〉と書かれ、〈オリンピック特別価格〉と銘打ったメニューが並んでいる。

...

記事全文を読む