ベイカー茉秋、1日7食の肉体改造 スポーツ女子との破局も

スポーツ週刊新潮 2016年8月25日秋風月増大号掲載

〈常夏色の夢追いかけて あなたをつかまえて泳ぐの わたし裸足のマーメイド 小麦色なの♪〉。まだ20歳だった松田聖子がせつない音調で歌い上げた「小麦色のマーメイド」。そこでは若いカップルのうたかたの恋が描かれた。本項のヒーローにも人魚に擬せられた恋人がいた。彼女にすれば、彼氏が競泳選手なら恋は成就したのか。だが如何せん、彼の闘いの舞台は水上ではなく畳の上だ。恋よりも五輪の夢を追いかけた柔道家、ベイカー茉秋(ましゅう)(21)、見参。

 ***

 見事、90キロ級で金メダルを獲得したベイカーは、米国人の父と日本人の母を持つハーフ。

...

記事全文を読む