モデル・秋元梢 仕事をセーブして九重親方の闘病を見守る

芸能週刊新潮 2016年8月11・18日夏季特大号掲載

 ウルフが死んだ――。訃報が駆け巡ったのは7月31日のことである。膵臓がん闘病の末、亡くなった九重親方(元横綱・千代の富士)。享年61。次女でモデルの秋元梢(29)ら、家族に見守られての最期だった。

 ***

 東京・墨田区にある九重部屋に親方の遺体が戻ってきたのは31日午後8時12分だった。白い布に包まれた遺体が部屋へ運び入れられた後、沈痛な面持ちで取材に応じた佐ノ山親方(元大関・千代大海)は、絞り出すようにこう語った。

「九重親方は本日(午後)5時11分に膵臓がんのため都内の病院でお亡くなりになりました。

...

記事全文を読む