“IOC会長はプーチンに魂を売った”…ロシアのドーピング問題

国際週刊新潮 2016年8月4日号掲載

 先送りに次ぐ先送りの末、開幕まで2週間を切った7月24日になって国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が到った結論は、問題処理の下部組織への“丸投げ”だった。

「30もの競技でロシアの国家ぐるみのドーピング関与を報告した独立組織、世界反ドーピング機関(WADA)が18日、ロシア選手団の全面除外を検討するようIOCに勧告しました。一国の全選手が出場禁止という異例の厳罰が下されるかと注目されましたが、結論は各国際競技連盟に判断を委ねるというもの。バッハ会長に対して“責任の放棄だ”“無秩序状態の始まり”、果ては“魂を売った”と批判の嵐です」(国際部記者)

...

記事全文を読む