渡辺喜美、選挙で5キロのリバウンド DHC会長との“手打ち”進む

政治週刊新潮 2016年7月21日参院選増大号掲載

「8億円熊手騒動」から2年余。渡辺喜美元行革担当相(64)が永田町に復活する。自民党を飛び出し、みんなの党結成、解党を経て、今回はおおさか維新から比例代表で出馬。再び議員バッジを手に入れたわけだが、一方で、リベンジの選挙戦で失ったものもあった。

 ***

「『お父さん(故・渡辺美智雄元副総理)の頃から支援していましたよ』という声をいただきまして……」

 当確後の第一声で、涙を流しながら渡辺氏はこう語った。そこには「忍従の2年」の辛さが滲(にじ)み出ているかのようだった――。

...

記事全文を読む