大仁田厚、鳩山邦夫への債務2000万円を踏み倒していた

芸能週刊新潮 2016年7月21日参院選増大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 急逝した鳩山邦夫・元総務相(享年67)がこの世に悔いを残したとすれば、一つはこの男を国会議員にしてしまったことに違いあるまい。嘘つきで恩知らず。それを晩年の邦夫氏は身をもって感じていたはずだから。

 ***

“100万円で許してください”と泣きながら土下座して許しを乞い、プッツリと連絡を絶った大仁田厚(58)(右)

“そのこと”を忘れてしまったのか。あるいは、“ふり”をしているだけなのか。

 邦夫氏の死を受けて、大仁田厚(58)はこう述べた。

「俺が政治家になったのは、鳩山さんの力が一番大きかったし、かわいがってもらいましたよ。本当にお世話になりました」

 確かに邦夫氏は、自らを政界に誘(いざな)い、当選に導いた大恩ある人物。しかし、

「どの口でそんなことが言えたものですかね」

 と憤るのは、彼のかつての友人だ。

「大仁田は邦夫さんに2000万円に及ぶ債務がありました。しかし、訴訟で支払い命令が出たにもかかわらず、それを踏み倒したのです」

 これを“忘れた”のなら単なるバカ。“ふり”なら恥知らずの一言である。

 債務の元は、2010年1月に遡る。この年の2月、彼は故郷・長崎の知事選に立候補(もちろん落選)。その選挙費用に必要だったのか、大仁田は銀行から1700万円を借りた。それには約束手形が付き、保証人に邦夫氏の母・安子さんが付いたのである。

「アイツはこれを返済できず、年末、代わりに安子さんの口座から1700万円が引き出され、手形も鳩山家に移った。安子さんの死後、これを邦夫さんが引き継ぎ、手形金請求訴訟に打って出たのですが、大仁田は一度も法廷に出てきませんでした」(先の元友人)

■泣きながら土下座

 道理で言えば、勝ち目のない裁判。大仁田がとことん逃げる“戦術”に出たのは想像に難くない。

 ところが、だ。

 本件を担当した邦夫氏の代理人弁護士が言う。

「こちらも本気になって、一昨年から、大仁田さんのあらゆる関係先を差し押さえにかかりました。すると、慌てた彼はすぐに事務所に来て、“やめてくれ”“カネがないんだ”“月々5万円の返済でどうか”などと持ちかけてきたのです。金欠を確かめるために“1週間以内に通帳を見せてください”と言うと“わかった”と答えたのですが、その後、連絡不能になりました」

“その場しのぎ”の言動の典型例を見せたのだ。

「その後も、弁護士がアイツの周辺に督促をかけると、今度は邦夫さんに直接アプローチ。昨年、“100万円で許してください”と泣きながら土下座して許しを乞いましたが、またプッツリと連絡を絶った。結局、鳩山家側が取り戻せたのは差し押さえに成功した40万円弱で、債務は利息も含め、2000万円以上に膨らんでいる。こうした中で邦夫さんは亡くなったのです」(元友人)

 ここまで来ると、もはや詐欺師と呼んでも差し支えはあるまい。

 当の大仁田に真意を問うべく、携帯を鳴らし続けたが、応答はなし。代わって母上に伺うと、

「その件は知っています。もちろん大仁田は返す気はあるでしょ」

 と述べるが、とても信用の置けないのはファイヤーを見るより明らかだ。

 債権は当然、邦夫氏の相続人に引き継がれる。

 鳩山事務所は、

「もちろん返済してほしいと思っています」

 こうなったら地の果てまで追い詰めてほしいもの。そうでなければ、邦夫氏の魂も決して浮かばれないのだ。

「ワイド特集 真夏の夜の夢」より