昭和シェルとの合併に突如反対 出光創業家の不満とは

企業・業界週刊新潮 2016年7月14日号掲載

 富める時も、貧しき時もと誓いながら、毎年20万組以上のカップルが離婚している。その原因の定番といえば、価値観の不一致。どうやらそれは、「企業の結婚」でも変わらないようだ。石油元売り会社の出光興産と昭和シェル石油の間で進んでいた合併話に突如、出光側の創業家が異を唱えた。その背景には、出光家の譲れない一線が存在していた。

 ***

 6月28日、出光の株主総会。開始から1時間10分後、創業一家である出光家の代理人弁護士はこう力説した。

「出光と昭シェルの合併に反対する」

...

記事全文を読む