孫正義「オモニが二つの足で立てと言っている」 10兆円超えの負債、権力者の孤独…

企業・業界週刊新潮 2016年7月7日号掲載

 ソフトバンクグループの孫正義社長(58)の後継として指名されていたニケシュ・アローラ副社長(48)が、再任されるはずの株主総会の前夜、突如“クビ”に。互いに円満退社を強調したが、「経済界」編集局長の関慎夫氏が「孫さんがロマンティストなのに対してアローラはリアリスト」と指摘する2人の間には、深い溝があった。アローラ氏が孫氏に対し“あなたはウソつきだ!”と発言するなど、修羅場続きだったという。

 ***

 ソフトバンク関係者によれば、アローラ氏の念頭に常に負債の整理があった一方、孫氏は、

...

記事全文を読む