バングラ・テロ現地取材 日本人の犠牲に警察幹部「私は恥ずかしい」

国際週刊新潮 2016年7月14日号掲載

 治安部隊の作戦が終了したおよそ53時間後、むせ返るような暑さのダッカに入った。現地で取材に応じた警察幹部は、「恥ずかしい」と繰り返した――。

 ***

 テロの現場となった店から車で5分。グルシャン警察署のジャキール副署長はベンガル語でこう話した。

「我々警察にとって今回の事件は非常にショックな出来事であり、彼ら(テロリスト)を決して許しはしない。ただ、その中で日本人が7名も犠牲になってしまったことは、我々にとって、非常に恥だと思っている」

 そこまでを一気に喋ると、副署長は机の上に身を乗り出し、声のボリュームを上げて言葉を継いだ。

...

記事全文を読む