バングラ・テロ現場を誌上再現 「実行犯は笑顔で殺害」証言も

国際週刊新潮 2016年7月14日号掲載

 鮮血で真っ赤に染まった店内の白い石畳。折り重なるように倒れている被害者のそばのテーブルに残された赤ワインのグラスと食べかけの料理。実行犯が撮影したとされる写真からは惨劇の凄まじさが伝わってくるが、一体、そこでは何が起こっていたのか。現場で取材したインド人ジャーナリストの証言などを元に、テロの一部始終を再現する。

 ***

 バングラデシュの首都ダッカの北部。日本大使館やイタリア大使館、アメリカ大使館などが立ち並ぶ高級住宅街・グルシャン地区の一画、湖の近くに悲劇の舞台となったレストラン「ホーリー・アルティザン・ベーカリー」はある。

...

記事全文を読む