蓮舫、本心は党代表狙い…20人の推薦人は集まるか

政治週刊新潮 2016年7月14日号掲載

 古来、仏教において蓮の花は清廉の象徴とされてきた。根を泥沼に張りながらも、美しく白い花を咲かせるからだ。花ならぬ、白いスーツに身を包んだ蓮舫民進党代表代行(48)は3日、東京・中野駅前でこう訴えていた。

「答えを出す政治をやっていきます!」

 すでに当選を決めた彼女の“答え”を党関係者が解説する。

「都知事選出馬が取り沙汰された時、蓮舫さんは周囲に“小池百合子が出るなら、私も出馬して打ち負かしてやる”と話していました。だけど、それはただの冗談で本心は代表狙い。

...

記事全文を読む