総工費3兆円、日立の原発プロジェクトはどうなるのか 英国EU離脱20の疑問(10)

企業・業界週刊新潮 2016年7月7日号掲載

 在英日本商工会議所によると、イギリスに進出している日本企業の数は900~1000社。なかでも日立製作所は、かの国を“上得意”としてきた。

『EU崩壊』の著者でロンドン在住の国際ジャーナリスト・木村正人氏が言う。

「日立は2005年に高速鉄道の車両を174両受注すると、さらにIEPといわれる都市間高速鉄道、そして、グローバル本社の英国移転と、イギリスでのビジネスにどっぷり浸かっています」

 同社が鉄道事業でイギリスに投じた資金は約110億円。さらに、12年には現地の原発企業を買収し、少なくとも4基の軽水炉の計画を進めているのだ。

...

記事全文を読む