90歳で大往生の瀬川昌治監督 三島由紀夫との交遊も

映画週刊新潮 2016年7月7日号掲載

 渥美清が「男はつらいよ」以前に主演した喜劇映画に、1967年に始まる東映の「列車シリーズ」がある。40歳目前の渥美が、車掌などを人情味豊かに演じた。

 去る6月20日に、90歳で大往生を遂げた、瀬川昌治監督こそ、この「列車シリーズ」やフランキー堺主演の「旅行シリーズ」などを手がけた喜劇の名手だった。

 25年、神田生まれ。平岡公威、後の三島由紀夫が、学習院で初等科から高等科までの先輩にあたり、親しく話す仲だった。

 ジャズ評論で名高い、兄の瀬川昌久さんは振り返る。

...

記事全文を読む