デイリー新潮

芸能

キムタクの炊き出しを石原プロ常務が語る「うちみたいなダサい会社がやるもん」

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 発生から2カ月を経た今もなお余震が絶えぬ「熊本地震」。かの地出身の俳人、中村汀女が「夏雲の湧きて定まる心有り」と詠む如く、被災地にも新しい季節が近づく。そんななか現れたのが、他ならぬSMAP木村拓哉(43)。6月12日から、“炊き出しと言えば”の石原軍団とドッキング。無事勤めあげたものの振付け説が流れ、ジャニーズ事務所の頭痛のタネとなっている。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年6月30日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事