ポスト舛添の民進党候補――長島議員は“相乗り候補”、宇都宮弁護士は反原発がネックに

政治週刊新潮 2016年6月30日号掲載

 6月21日付で都知事の座を降りた舛添要一氏(67)。その後継者候補として、様々な人物の名が挙がっている。自民党候補として取り沙汰されるのは、小池百合子元防衛相(63)、丸川珠代環境相(45)、“櫻井パパ”こと櫻井俊前総務事務次官(62)のほか、村木厚子前厚労事務次官(60)や、齋木尚子外務省国際法局長(57)。加えて党の都連幹部は「都連会長の石原伸晃経済再生担当大臣に白羽の矢が立つことになる公算が大」と語った。

 ***

 ならば、民進党はどうなのか。

...

記事全文を読む