「舛添さんが相応しいとは思ってなかった」と安倍首相…永田町での評判

政治週刊新潮 2016年6月23日号掲載

 来る東京五輪の旗印にもなっている「多様性」。文字通り価値観が千差万別に多様化しているなか、お互いの立場を尊重し合おうというのだ。逆に言えば、現代においてスタンスを異(こと)にする人々を一致団結させるのは至難の業であることを物語っているわけだが、そんな「荒業」をやってのけたのが舛添氏である。

 ***

 都民は「さらば舛添」で一つに結集した。しかし、尋常ならざる精神力の持ち主である舛添氏は、吉田松陰が好んだ孟子の「千万人といえども吾(われ)ゆかん」の精神で土俵際に踏みとどまり続けた。

...

記事全文を読む