安倍総理が匂わせた「リーマン・ショック前夜」 都合のいいデータ切り取りを解説

政治週刊新潮 2016年6月9日号掲載

「世界経済はリーマン・ショック前の状況に似ている」との認識を示し、消費税増税を先延ばした安倍総理。「G7伊勢志摩サミット」で各国首脳に披露した奇妙な経済指数の「正体」とは、いかなるものなのか。

 ***

 ノーベル賞経済学者を招いて消費税の引き上げに反対を唱えさせるなど、思えば幕が上がる前から結末が見えている「政治ショー」だった。その、安倍総理が最後の決め手にしたのが、サミットで配られた4枚のペーパーである。

 8年ぶりに日本で開かれたG7による「伊勢志摩サミット」は、ホスト役の安倍総理にとっても乾坤一擲の大舞台である。

...

記事全文を読む