安倍総理の勝負タイはブルックスブラザーズで1万2千円 本命プーチン前で着用

政治週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

 手練手管の外交交渉では、むろん“見た目”も重要な手持ち札の1枚である。

 外務省担当記者が言う。

「ソチで行われた日露首脳会談の焦点は、北方領土問題を動かせるかの一点。そのため安倍晋三総理はエネルギー開発などの8つの経済援助を手土産にしました。8という数字の意味は末広がりであること、外相も務めた父の晋太郎氏がソ連に同様の8項目提案をしたことに由来している」

 さらに、3時間10分にも及ぶ会談の中で総理は、2人きりで話したいと要求し、35分間のサシの対話も行った。

...

記事全文を読む