大谷翔平の投法に“ごまかし”の声 球速162キロでは勝てない

野球週刊新潮 2016年6月2日号掲載

“二刀流”大谷翔平が、ベーブ・ルース以来96年ぶりの「10勝10本塁打」を記録したのはプロ2年目の2014年シーズン。その翌年、つまり昨シーズンは投手に傾注した結果、ハーラートップの15勝、加えて最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝いた。

「今季は打撃重視です」

 とスポーツ紙デスク。

「5月23日現在、8本塁打で打点18。ただ、大谷は火水木曜しか打席に立っていないため打数が69しかない。現在、本塁打と打点でトップの西武・メヒアの打数に換算すると、いずれもメヒアの数字を上回る。

...

記事全文を読む