軒並み100万円超え…「リオ五輪ツアー」が高額なワケとは

スポーツ週刊新潮 2016年5月26日号掲載

 GWも終わり、少々気は早いが、次は夏休みの計画か。今年最大のイベントであるリオ五輪まで2カ月余り。“そうだ、リオに行こう!”なんて思った人も、観戦ツアーのパンフレットを捲って、ビックリ。代金は100万円以上がザラなのだ。

 指定旅行会社が販売する観戦チケット付ツアーの一例を、ざっとあげてみると、一番高額なのは、JTBが販売する159万8000円。4つ星ホテルに5泊9日、2名1室利用時の1名料金で、この値段。

 肝心の内容は、人気の高い開会式を観た後、金メダルが期待される萩野公介が出場する競泳男子400メートル個人メドレー予選のほか、体操男子団体決勝や男女柔道予選・決勝などが観戦できるというもの。

...

記事全文を読む