トルコ恫喝で「プーチン」が浴びる煮え湯

国際週刊新潮 2015年12月17日号掲載

「これで終わりだと思うな」「トルコは幾度となく後悔することになる」

 3日、クレムリンでプーチン大統領はトルコに怒りをたぎらせた。

「11月24日に起こったロシア軍機撃墜事件以降、プーチンは執拗にトルコを批難。謝罪を求めるとともに、矢継ぎ早に制裁措置を打ち出しています」(国際部記者)

 チャーター便の運航禁止にトルコツアーの販売禁止、天然ガスの新パイプライン建設計画を凍結し、農産物を輸入禁止にする。あげくが冒頭の発言というわけだ。

「その上、トルコはテロリストと共謀している、過激派組織イスラム国から原油を購入している、と痛罵が止まりません」(同)

...

記事全文を読む