従軍慰安婦誤報 “名誉毀損”の裁判を起こした植村隆・元朝日記者の被害者意識

社会週刊新潮 2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号掲載

 他人事ながら、この人は一体、どこへ向かうのか、心配になってしまうのだ。元朝日記者の植村隆氏は、100人の弁護士を従えて、法廷闘争に勤しむ毎日だが、相変わらず「慰安婦誤報」に反省の色なし。被害者意識だけが一層ギラギラと燃え盛っているのだから。

 ***

 今年のアカデミー賞でオスカーを受賞した映画『スポットライト』。アメリカ「ボストン・グローブ」紙の記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話がモチーフである。そこに描かれているのは、記者たちの事実への徹底的な“こだわり”。

...

記事全文を読む