「ラミレス采配をコケにした!」金本監督の余計なコメント

野球週刊新潮 2016年4月28日号掲載

“口は禍の元”という箴言(しんげん)をご存じないのだろうか。

 14日のDeNA戦で勝利した阪神・金本監督は間違いなく浮かれていた。

 5回無死1、3塁の好機でDeNAは、重盗を仕掛け、1塁走者盗塁死の間に3塁走者が生還し、いったん同点に追いついた。試合後、この場面について記者に問われた金本監督は、

〈どうぞ、どうぞ。アウトをくれてランナーなしになるなら喜んで。2、3点取られそうな雰囲気が、あれで流れが止まった。ありがとうございました〉

 と笑顔で応じたという。

...

記事全文を読む