『孤独のグルメ』スタッフがおくる背徳の銭湯呑み

芸能週刊新潮 2016年4月21日号掲載

“銭湯は裏切らない”との名言を残したのは故立川談志師匠である。来るんじゃなかったと思ったことがない、というものだが、談志師でも、この快楽は経験できなかったかもしれない。

 4月9日にスタートした土曜ドラマ24『昼のセント酒』(テレビ東京)は、ダメサラリーマンが仕事をサボって昼間っから銭湯に浸かり、生ビールをあおるという、いわばサラリーマンでなければ味わえぬ背徳の妙味を描いている。

 主演は戸次重幸。あの大泉洋や安田顕などと同じ北海道の演劇ユニットTEAM NACSのメンバーである。

...

記事全文を読む