オバマ大統領の広島訪問は実現するのか 広島市民は「謝罪」を求めない

社会新潮45 2015年12月号掲載

■ケリー国務長官の献花

 G7の外相、とりわけアメリカのジョン・ケリー国務長官が広島を訪問し、原爆資料館を見学して、慰霊碑に献花までしたことはニュースでも大々的に取り扱われている。献花の際、ケリー長官が岸田外相に原爆ドームを指さしながら「あそこまで行けないのか」と話しかけ、「歩いて2,3分です」と答えると、「じゃあ、行こう」となり、急遽、外相たちがそろってドームへ向かって歩き始めた。事前の予定にはなかったため、警備陣も、スタッフも大慌てという一幕だった。

...

記事全文を読む