自民党に“余裕ゼロ” 緊迫の「北海道5区補選」

政治週刊新潮 2016年4月7日号掲載

「少しでも“負け”が見えるようなら、止める」

 4月24日に行われる北海道5区の補欠選挙を巡って、自民党の谷垣禎一幹事長が難しい選択を迫られている。安倍晋三総理を応援にいれるべきか否か――。

 自民の和田義明候補(44)を、民進、社民、生活、共産が支援する池田真紀候補(43)が猛追し、予断を許さない情勢なのである。

「総理の応援は4月16日の予定なのですが、それで黒星が付けば、世間に“安倍政権の敗北”を印象付けてしまいますからね」

 とは、政治部記者。

...

記事全文を読む